社会人の友達の作り方

私は社会人になってから

 

次々と友達が増えていきました

 

 

といっても、元々は友達は少なかったんです。
何せ、友達は一人しかいませんでしたから。

 

元々人とのコミュニケーションが苦手な私。
だから、友達に囲まれた生活なんて
縁がないと思っていたんです。

 

 

そんな状況からどうやって社会人になってから
友達を増やしていくことができたと思いますか?

 

それは、友達の作り方を知ったからなんです。

 


社会人になると友達が出来ないは、ウソです

今ここを見ているあなたは、友達がいない、友だちが少ないことに危機感を覚え
今の状況を何とか変えたいと思っているのだと思います。

 

友達がいないってことは、とても寂しいですし、悲しいですし、
どこか負い目を感じてしまいますよね?
これからの自分の人生に対して不安も感じてしまうと思います。

 

 

その気持は凄くよくわかるんです。

 

なぜなら、私も全く同じ状況でしたから。

 

 

友達という存在が豊かな人生を送るために大切なことは重々わかっていますし、
友達がいる生活がどれだけ楽しいものかもわかっているんですよね。

 

しかし、自分に友達がいないことの寂しさや焦りは、誰もわかってくれません。

 

だってそれは、同じ境遇になったことのある人でないと決して理解できないからです。

 

 

特にその焦りは、社会人になると余計に強くなってくるものです。

 

「社会人になるとなかなか友達は作れない」

 

この言葉は今までも色々なところで聞いてきた言葉だと思います。
そしてその言葉を思い出す度に、焦りと絶望感に襲われるんですよね。

 

 

だけど、ここでハッキリと言わせて頂こうと思います。

 

社会人になってからも友達を増やすことはできる、と。

 

 

それは友達のいないという状況を経験し、それを克服した私自身が
確信を持ってあなたに伝えたいことです。

 

社会人になろうがいくつになろうが、
今友達がいなかろうが少なかろうが、
これから友達を作っていくことはできるのです。

人とコミュニケーションを取ることが苦手なんです

そもそもの話、私は人とコミュニケーションを取ることが苦手でした。
性格もおとなしい方で、内向的、自分から積極的に話しかけるタイプではありません。

 

クラスの中でももちろん目立たない方で、社交的とは程遠い性格です。
人見知りはするわ気は小さいはで、そのまま引きこもりになってもおかしくない性格でした。

 

 

ただ、運がよくスポーツは嫌いではなかったので、部活には入っていたんです。
ですから、部活の仲間と話をすることはありました。

 

「じゃあ、部活の友達がいたんじゃん?」と思うかもしれません。
でも、違うんです。

 

部活が終わった放課後、または部活がない時の休日、
同じ部活の同級生と遊びに行くかと言ったら、いかないんです。

 

そう、部活という枠組みの中、部活のチームメイトという付き合いだけで、
友達と呼べるような付き合いはほとんどなかったのです。

 

そんなですから、もちろん部活の人間から遊びに誘われることなんてありません。

 

 

ですから、物心ついた時から、友達が少ないのが当たり前だったんです。
子供の頃から友達と遊ぶ時も、いつも一人か二人です。
大勢でディズニーランドに行ったりすることもないし、
みんなで鬼ごっこをして遊んだ経験もあまりありません。

 

今考えれば、友達がいないのも当然と言えば当然と思えます。
あらゆる面で、友達作りがなってなかったですからね。

 

 

そんな性格だったわけですが、友達は欲しかったんです。
友達がたくさんいて、いつもたくさんの友達と楽しそうにしている人が羨ましかったんです。

 

大勢で遊びにいったり、いつもたくさんの友達と連れ立っていたり、
友達みんなとイベントしたりパーティーを開いたりしている人が
羨ましくてしかたがありませんでした。

 

自分もそういう生活をしたい。
そういう願望は強かったんです。

 

 

自分の中では「友達は数じゃない」なんて強がって言い聞かせてましたけど、
本音では友達みんなといつも一緒に楽しく過ごしている人になりたかったわけです。

友達たった一人からのスタート

友達が少ないとはいえ、学生時代は一応友達はいました。

 

ホントに片手で数えられる程度ですけど、
それでも友達が全くいないという状況ではなかったんです。

 

自分では、「それでいいんだ、少なくたって
その友達と仲良くやっていけばそれでいいんだ」
そう言い聞かせていました。

 

 

でも、社会人になると変わってくるんですね。

 

少ないながらもいた友達が、
一人また一人と疎遠になっていくんです。

 

 

学生の頃のように毎日強制的に顔を合わせることもなくなり、
違う会社違う仕事、違う環境に身を置くことで、
どんどん学生の頃の友達との距離が開いていったのです。

 

元々自分から連絡をしたり、遊びに誘ったりするのが苦手な方でしたので、
疎遠になっていくのがわかりながらも何も出来ませんでした。

 

 

向こうからの誘いも日に日に少なくなり、
終いにはほとんど声もかからなくなっていきました。

 

 

そして、気づくと友達と呼べる人が、たった一人しかいなくなっていたんです。

 

 

「少ないとは言え、一人でも友達がいるならいいじゃないか」
そう思う人もいるかもしれません。

 

だけど、その一人の友達とも、いつ縁が切れてもおかしくない状態だったんですね。
それまで友達だった人と徐々に疎遠になっていったように、
その一人の友達とも確実に距離が開いているのを感じていましたから。

 

まさに友達ゼロの状態になるのも、時間の問題だったわけです。

 

 

本当に一人ぼっちになってしまうかもしれない。

 

この段階にきて、初めて本気で焦り始めたんです。

寂しさとか不安とかではなく、恐怖です

友達がいないことで不安に思うことってありますよね?

 

代表的なのが、結婚式です。

 

結婚式というのは、そのほとんどが自分の友達を招待します。
友人代表の挨拶をしてもらったり、友達から祝福のメッセージを貰ったり、
二次会でみんなで盛り上がったりするわけです。

 

結婚式での普通の風景ですよね。

 

 

でも友達がいないとそれもできません。

 

結婚式に呼ぶ友達も思い浮かばず、
思い浮かぶのは空っぽの状態の友人の席の姿です。

 

そんなの寂しいやら悲しいやら恥ずかしいやらで、
自分の結婚式の時はどうなるのかと考えると
やっぱり不安に思ってしまうんですよね。

 

そもそもそんな結婚式に呼べる友達もいない人と
結婚してくれる相手がいるのかという問題もありますが。

 

 

 

また、お葬式にも同じ事が言えるわけです。

 

よく「人の価値は死んだ時にわかる」なんて言います。

 

自分が死んだ時にどれだけの人が葬式に参列してくれて、
どのような言葉を掛けてくれるのか?
それによってその人の生前の慕われ具合がわかるというわけですね。

 

じゃあ自分の葬式の時にはどうなのか?
いったい何人くらいの人が来てくれるのだろうか?
仕事などの義理での参列以外で友人などは
どれくらい来てくれるのだろうか?

 

そして、その寂しいお葬式の光景を見た親族や参列者は
どういう気持ちになるんだろうか?

 

そんなことを考えると、大きな不安が頭をもたげてきます。

 

 

傍から見れば小さなことかもしれません。
でも友達がいない人間からしたら、これって凄く深刻な悩みなんですよね。

 

 

私自身もよく考えました。
そしてその度に不安を感じていました。

 

何度考えても、寂しい結婚式、寂しいお葬式の姿しか
頭に思い浮かばなかったからです。

 

 

 

学生時代からの友達とも日増しに疎遠になり、
残った一人の友達とも徐々に距離が開いていくのを感じて、
いずれ一人ぼっちになることが明らかな状況でした。

 

 

こうなってくると、寂しいとか悲しいとかではないんですね。

 

もう、恐怖なんです。

 

 

寂しいとか悲しいとかを通り越して、恐怖を感じるんです。
怖いんです、自分の未来が。

 

友達もなく、毎週末を一人で過ごし、
何か悩みがあっても相談出来る人もいなくて、
どこか遊びに行きたい時にも一緒に行く友達がいない。

 

これから先、何十年もそういう状況が続くということを考えると、
恐怖しか感じられなくなってくるんです。

 

 

「何とかしなきゃヤバイ・・・」

 

 

ここに来て初めて本気でそう思ったんです。

 

遅すぎるくらいかもしれませんね。
その時は既に社会人になり、一般的には友達を作りづらい
と言われるような年齢になっていましたから。

 

でも、今思うと、遅かろうがなんだろうが、
あの時に重い腰を上げたのは大正解でした。

 

 

もし、あの時に行動をしなければ、
今でも一人ぼっちの生活を送っていたと思いますから。

本当の意味での友達の作り方を教えてくれた教材

友達を作るために重い腰を上げる。
自ら友達を作るために行動する。

 

そう本気で思った私が取り組んだのが、
この「孤独にならないための友達の作り方」という教材でした。

 

 

あなたもそうだと思うのですが、
よくよく考えてみると、友達を作るための方法って
今までちゃんと学んだことも教えられたこともありませんよね?

 

今まで生きてきた中で何となくぼんやりと学んで
習得してきたようなところがあると思います。
経験則とでも言えばいいのでしょうか。

 

 

コミュニケーション能力がある人は、それでいいのかもしれません。
経験の中でどうやれば友達ができるのかを
自然と身につけられているのだと思います。

 

しかし、私のようなコミュニケーションを苦手にしている人間は、そうはいかないんですよね。

 

コミュニケーション能力がないばかりに、
今まで友達の作り方を身につけることのないまま
大人になってきてしまっているからです。

 

 

コミュニケーション能力というと語弊があるかもしれません。
コミュニケーションを得意とするかどうかと言った方が適しているかもしれませんね。

 

私のようにコミュニケーションを苦手とする人は、
生きてきた中で自然と身につけているはずの友達の作り方が
身につける機会なくスルーしてきてしまっているんです。

 

 

だから、改めて友達の作り方を学んだんです。

 

 

これは私にとって非常に効果てきめんでした。

 

友達を作るために自分のどこを変えればいいのか、
友達を作るためにはどういう意識でいればいいのか、
友達を作るためには何をすればいいのか、
友達を作るためにはどういう行動を取ればいいのか。

 

これが全てハッキリと明確になったからです。

 

 

今まで友達を作るにしても、
何か明確にこれといった手段や方法があったわけではありません。
感覚で人付き合いをして、上手く親睦を深めようと試行錯誤するしかありませんでした。

 

 

でも、友達の作り方を学ぶことで、迷わなくなるんです。
何をするべきか、どういう行動を取るべきかがハッキリとわかっているから。

 

「友達を作るためには、こっちへ行きなさい」と
ハッキリとした道標があるのです。

 

あとはそこに向かって進めばいいだけなんです。
これって本当に大きいことです。

 

 

「孤独にならないための友達の作り方」には、
ちょっとしたエクササイズも付いています。

 

単に「こうしなさい」とアドバイス的なことやノウハウ的なことが説明されているだけでなく、
しっかりとそれが使えるようになるように、自分自身が変われるように
エクササイズを行うことができるのです。

 

これが非常に効果が大きくて、
自分で自分の中身が変わっていくのが実感できるんです。

 

そうなってくるとやっぱり自信がつきます。
自分自身に対してポジティブになることができます。

 

そして、友達を作るために外に出て行動を起こしたくなります。

 

 

友達を作るための技術的なノウハウだけでなく、
内面から友達を作れる体質になれますので、
私にとっては本当に大きな前進となりました。

友達は作るものではなく、出来るものだったんです

「孤独にならないための友達の作り方」に取り組んで、
どれだけ大きな変化があったのか?

 

それは言うまでもなく、大きな変化がありました。

 

 

それは、友達の作り方を知ると、
友達が作れるのではなく、友達の方から寄ってくるようになるのです。

 

 

「友達を作る」というと、まるで異性を口説き落とすかのように
こちらから積極的に働きかけて友達関係を築いていく
というイメージがあると思います。

 

でも、それは間違いではありませんが、正解でもないんですね。

 

 

友達の作り方がわかってくると、
相手の方から友達になろうと寄ってきてくれるのです。

 

「友達になりましょう」
「今度飲みに行きましょう」
「今度一緒に○○をやりませんか?」

 

そういった誘いを相手の方からしてきてくれるようになり、
相手の方から私との友達関係を築こうと働きかけてくれるんです。

 

 

なぜそうなるのか?

 

それは明らかに私自身の体質が変わったからだと思います。

 

私自身が「孤独にならないための友達の作り方」に取り組む中で
私の体質が「友達ができる体質」に変わって行きました。

 

相手からすると、友達になりたいと思ってもらえるような
そういう人間になることができたわけです。

 

だから、接した人の多くが、
私と友達になりたいと思ってくれるようになったのです。

 

 

もちろん、友達の作り方を知ったからといって、
音信不通になっていた友達からいきなり連絡が来る、
とかいう話ではありません。

 

寝ているだけで、向こうから勝手に友達が集まってくる、
なんてことはあるわけないですからね。

 

その辺は、自分からコンタクトを取ることも
当然必要になってきます。
その点は誤解しないでください。

 

 

 

考えてみれば、異性を口説き落とすように友達を作っていては、
たくさんの友達を作ることって大変な労力になるんですよね。

 

それでは、学生の頃に見ていたような
大勢の友達に囲まれみんなで楽しく過ごしていたような
友達の多い人間になることはできないんです。

 

 

たくさんの友達を持ち、常に多くの友達に囲まれ、
大勢の友達とイベントをしたりパーティーをしたりと楽しく過ごしている人。

 

そういった”友達の多い人”というのは、
友達を作ることに優れているだけではなく、
友達の方から集まってくる人たちだったのです。

 

だから、たくさんの友達を作ることができるんです。

 

友達というのは作るものではなく、”出来る”ものだったんです。

 

 

 

私も「孤独にならないための友達の作り方」に取り組んでから、
勇気を出して疎遠になっていた友達に連絡を取ってみました。

 

すると、以前とは明らかに反応が違うんです。

 

以前は友達付き合いをしていたとはいえ、
そこまで頻繁に声をかけてくれることはありませんでした。

 

でもそれが、声をかけてくれることが多くなったんです。
飲みに行こう、遊びに行こう、今度何かしようか、
そんな誘いをしてくれることが増えたんです。

 

そういう関係になると、親交も深くなっていきますし、
友達としての付き合いも続いていきますよね。

 

 

また、社会人として仕事を通じて知り合った人、
会社で共に働いている人、
そういう人の中からも友達を作れるようになっていったんです。

 

以前であればただの仕事繋がりの人間関係でしかなかった人と、
友達としての付き合いをする人が増えていきました。

 

そして、そうやって出来た友達が、
また一人二人と友達を紹介してくれます。

 

どんどんと友達が雪だるま式に増えていったのです。

 

 

学生時代に常に憧れていた友達の多い人。
いつもたくさんの友達に囲まれ、多くの友達と楽しく過ごしている人たち。

 

私もそういう人たちの仲間入りをすることができたのです。

 

 

そのきっかけとなり、大きな要因となったのは
間違いなく「孤独にならないための友達の作り方」に取り組んだことなのです。

今だからハッキリ言える二つのこと

全くといっていいほど友達がいなくて、
友達を作ることさえできなかった私が、
今ではたくさんの友達を作ることができました。

 

そしてその全てが、社会人になってから出来た友達です。

 

 

ですから、遅すぎるなんてことはないのです。
社会人になっていようがいくつになっていようが、
いつからでも友達を作ること増やすことはできるのです。

 

 

社会人になってから友達を増やすのは難しい。
学生時代からの友達こそが本当の友達だから大切にすべき。

 

そんなことが当たり前のように言われていますし、
私も学生の頃には先生によく聞かされた言葉でした。

 

 

確かに学生時代からの友達は大切にするべきでしょう。

 

でも、社会人になってから友達を増やすのは難しいなんてことは決してないのです。

 

 

私自身が友達のことで悩み苦しみ、恐怖さえ感じた状況から、
なんとかその問題を克服して来ました。

 

だからこそ、今ハッキリと言い切れることが二つあります。

 

 

一つは、
「行動しなければ絶対に何も変わらない」ということ。

 

友達が欲しい、友達を増やしたい、
そう思いながらもなかなか重い腰を上げない人がいます。
そう、以前の私ですね。

 

友達が作れたらいいなぁ、友達がたくさん欲しいなぁ、
多くの友達と楽しいことしたいなぁ、
そう思いながら思っているだけで何もしないんです。

 

そういう人は残念ながら、決して何も変わりません。

 

これからも友達は増えませんし、友達がいないままの状態がずっと続きます。

 

これからも「友達が欲しいなぁ」と思いながら
友達のいない生活をずっと送っていくことになると思います。

 

 

そして、二つ目に言い切れること、
それは「行動すれば必ず変わる」ということです。

 

重い腰を上げて、自分の現状を何とか良いものに変えたいと願い、
行動をすれば必ず現実は変わっていきます。

 

それは私自身が身を持って経験したことです。

 

人とのコミュニケーションすらまともに出来ず、
そもそも友達と呼べる人すらいない状態。
社会人という友達が作りづらいと言われる年齢。

 

そこから友達を作ることができたのです。

 

 

 

もしあなたが今どのような状況にあるかは関係ありません。
今友達がいようといまいと、少なかろうと関係ないんです。

 

そこから行動を起こすことで、確実にあなた自身が変わっていきます。

 

そして、あなた自身が変わることで、現実も変わっていきますから。

 

 

友達がいる生活といない生活、
どちらが楽しい生活かというと比べるまでもありませんよね。

 

友達がいる生活を送りたい、これからも友達を増やして行きたい、
そう思うからこそここを見て頂いているのだと思います。

 

それであれば、是非行動を起こしてみてください。

 

ここを見て頂けたのは、良いきっかけだと思います。
友達が欲しいと思いながらも、ここに辿り着かない人もたくさんいますからね。

 

 

私は行動をすることで人生を変えることができました。
ちょっと遅いくらいでしたが、それでも変えることができたのです。

 

その大きな後押しとなったのが、
「孤独にならないための友達の作り方」でした。

 

 

是非あなたも行動を起こしてみてはいかがでしょうか。

 

その行動があなたの人生を大きく変えてくれるはずです。

 

 

孤独にならないための友達の作り方はこちらから