学生時代の友達と社会人になってからの友達の違い

社会人の友達の作り方

学生時代の友達って、
友達になるきっかけって意外と単純だったりします。

 

同じ学校、同じクラスだった。
たまたま席が近くて、話したのがきっかけだった。
部活動が一緒で一緒にいる時間が長かった。

 

そんなことが理由だったりしますよね。

 

 

なーんとなく輪が出来て、
いつの間に自分もその輪の中にいて、
特に深く考える事もなくぼんやり卒業まで過ごす。

 

話が合わなくても、グループの輪から外されたくなくてただ一緒にいた。

 

 

多感な思春期を一人で過ごすなんて絶対に嫌ですもんね。
変な目で見られるよりは、グループにいた方がまし。
そう思うのも無理ないことだと思います。

 

 

そもそも学生の頃というのは、
住む世界が広いようで狭いものです。

 

学校という小さなコミュニティ、
同級生という狭い人間関係。

 

それが住む世界の全てだったりします。

 

そこでどう上手くやっていくのか?
それが学生にとっては一番の感心事だったりするわけです。

 

 

だから学生時代の友達って、
意外と希薄な関係なことも多いんですよね。

 

 

部活動を熱心に行い、
友達同士で同じ目標を目指し頑張っていた。

 

そんな人もいるでしょう。

 

でも一度、部活動を引退し、
その枠から出てしまうと同じ価値観を
共有するのは難しくなります。

 

 

部活を引退し、部活という共通の目標がなくなり、
それぞれが受験勉強などの個々の目標にシフトして行くうちに、
徐々に疎遠になっていくことも珍しくはないのです。

 

 

 

でも社会人になってから出来た友達ってどうでしょう??

 

社会に出ると、1日の大半を仕事仕事で追われる毎日ですよね。

 

そんな毎日の中、話の合わない、気の合わない、
価値観の合わない友達とはわざわざ貴重な時間を割いて
会ったりする事ってないと思います。

 

 

少しでも時間を大事に使いたいですからね。

 

だからこそ、付き合う友達も本当に気の合う、
価値観の合う友達と付き合っていくようになるものです。

 

 

 

逆に言えば、社会に出てから出来た友達とういうのは、
お互いを尊重し合える貴重な存在という事でもあるんです。

 

 

忙しい毎日の中で、少ない時間の合間を縫って、
それでも付き合いたいと思える友達。

 

お互いの価値観がある程度出来上がり、
それを認め尊重しあえる本当の意味での友達。

 

社会人になってから出来た友達というのは、
そういう存在にあることができるのです。

 

 

また、社会人になると、色んなバックグラウンドを背負っている人と出会います。

 

学歴も違えば仕事も違う、経験してきたことも違う。
全く違う環境で生きてきた人と出会うことができます。

 

そういう者同士がお互いに刺激し合い、
時には学びあうことで、お互いを高め合うことができます。

 

違うといっても社会人になると、
その違いを認めあうことができるようになってきます。

 

だからこそ、違いから学び刺激しあうことができるんですね。

 

それだけ社会人になってからの友達って、
とても価値のある存在なのです。

 

 

社会人になってから、
自分と気が合う真の友達を見つける事が出来れば、
一生の友達が出来ると言う事なんです。



友達を作るための最適な教材

なぜ社会人になってからどんどん友達が増えたのか?


社会人になってから友達を増やすために必要なこと


社会人の友達の作り方

友達がいないのは、何もあなたが悪いわけでも、あなたに欠陥があるわけでもありません。
友達を作り、友達を増やし、友達関係を継続させていく方法を知らないだけなのです!

方法がわかれば、誰でも、いつからでも友達を作り増やしていくことはできます。
今友達がいないとしても、これから先友達を増やしていくことは誰でもできるのです。

その方法を私に教えてくれたのが、コレでした。

社会人の友達の作り方


コミュニケーション力を上達させる会話教材

人に好かれる会話術


みんながあなたに惚れる会話をする方法とは?


人に好かれる会話術

会話のやり方を覚えると、面白いくらいに人生が変わります。
友達を作れることはもちろん、恋愛も仕事も、面白いくらいに好転していきます。

なぜなら、人間関係の基本はコミュニケーションだから。
そして、コミュニケーションの大部分が会話で出来ているからです。


人の心を鷲掴みにし、惚れさせるための会話のやり方には法則があります。
その法則を教えてくれるのが、この「人に好かれる会話術」です。

人に好かれる会話術