社会人になってから「友達を作る」という意識を持っていますか?

社会人の友達の作り方

 

あなたは社会人になってから、
人付き合いの中で
「友達を作る」という意識を
持っているでしょうか?

 

 

当たり前なことに思えるかもしれませんが、
実はこれ、結構重要なことだったりします。

 

 

社会人になると、様々な人との付き合いが出てきます。
学生の頃には出会わなかったような人とも出会ったり、
付き合っていく機会も多くなってきます。

 

年齢、職業、出身、場合によっては国籍など、
人付き合いの幅が広くなっていきます。

 

少なくとも、学生の頃よりは
付き合う人の幅は確実に広くなるでしょう。

 

 

そして、人付き合いの仕方も学生の頃とは変わってきます。
付き合いの人の幅が広がる分だけ、
人付き合いの仕方の幅も広がっていくのです。

 

例えば、

 

上司と部下としての付き合い、
会社の同僚としての付き合い、
仕事の同業者としての付き合い、
仕事の取引先としての付き合い。

 

もちろん、ここに友達としての付き合い
加わってきます。

 

ここに挙げたのはあくまでも例ですが、
これ以外にも人付き合いの仕方、
人との関係性って出てくると思います。

 

 

これって、学生の頃にはなかったことですよね?

 

学生の頃といえば、あるとしても、
友達としての付き合い、
同級生としての付き合い、
同じ部活やサークルの仲間としての付き合い、
くらいなものです。

 

 

 

では、あなたは、
会社の上司や同僚、仕事の同業者や取引先の人を

 

友達として見ることができますか?

 

友達という視点で人付き合いをしていますか?

 

 

そういう視点、「友達」という視点で
人付き合いが出来ていないのではないでしょうか?

 

 

 

学生の頃というのは、
人間関係の行き着く先って、
全て「友達」という関係に繋がるんです。

 

学校の同級生と仲良くなっていけば友達になります。
同じ部活やサークルの人と仲良くなっていけば友達になります。
バイトの人と仲良くなっていけば友達になります。

 

学生の頃というのは、どんな関係性の相手でも
仲良くなっていけば行き着く先は「友達」なのです。

 

だから、深く考えなくても、
友達になることってそれほど難しくなかったりするのです。

 

 

 

しかし、社会人になるとどうでしょうか?

 

上司と仲が深まると友達になれますか?
同僚と仲が深まると友達になれますか?
同業者や取引先の場合は?

 

おそらく、どこまで仲が深まって親密になっても、
「友達になる」というイメージがないんじゃないでしょうか?

 

 

社会人になると、どうしても人との付き合いをジャンル分けして、
そこの枠の中だけで捉えがちになってしまうものです。

 

上司はどこまでいっても上司、
同僚はどこまでいっても同僚、
同業者や取引先も同様に、
その関係性でしか考えなくなってしまいます。

 

社会人になると、
どうしても関係性の延長での付き合いしかしなかったり、
関係性に囚われた視点でしか人付き合いをしなくなってしまうのです。

 

 

これだと、友達にはなかなかなれないんですよね。

 

 

 

別に上司や同僚、同業者や取引先とだって、
友達になろうと思えばなれるんです。

 

でも、そういう人たちを
友達という視点で見ない人が多いんです。

 

 

 

友達というのは、友達という視点で付き合わないと
なかなか友達になることはできません。

 

友達という視点を持って人付き合いをしないと、
友達という関係に発展していかないんです。

 

 

上司をいつまでも上司としての視点でしか見なければ、
その人はいつまでも上司のままです。

 

同僚をいつまでも同僚としての視点でしか見なければ、
その人はいつまでも同僚のままなのです。

 

 

友達というのは、友達という視点を持って付き合って
初めて友達という関係になれるのです。

 

 

これは何も仕事関係だけに限定した話ではありません。

 

例えば、友達が知り合いを連れてくることもあると思います。
学生の頃って、そういう人とも気軽に友達になれたりするんですよね。

 

でも、社会人になると、
なぜかそういう人ともなかなか友達になれなくなっていくものです。

 

なぜなら、友達が知り合いを連れてきても、
その人を「友達の知り合い」という視点でしか見なくなり、
自分の友達にするという視点が抜けてしまうからなんです。

 

 

 

あなたも、もし誰かと知り合った時に、
相手の人があなたのことをただの仕事の付き合いだとか、
偶然知り合っただけの人という目でしか見てこなかったら、
その人と友達になれると思えますか?

 

思えませんよね?

 

思えないだけでなく、おそらく友達になることも
出来ないと思います。

 

 

逆に、相手の人がさも友達のように親しげに接してきてくれたら、
友達と接するかのように接してきてくれたら、
その人と友達になれると思いませんか?

 

 

 

友達というのは、「友達を作る」という視点を持って接すれば、
友達を作りやすくなります。

 

逆に、そういう視点が抜けてしまうと、
いつまでも友達という関係に発展していかないものなのです。

 

 

 

社会人になると変に人との付き合い方をジャンル分けして、
そこから踏み出さないように自重してしまうようになりがちです。

 

でもそうなると、なかなか友達が作れなくなってしまうのです。

 

 

別に嫌いな人とも友達という視点で付き合えとは言いません。
嫌いな人と友達になっても仕方がないですからね。

 

 

でも、「友達」という視点、「友達を作る」という意識を持って
人付き合いをしていくことが、友達を作るためには
非常に重要な意味を持っているのです。

 

 

社会人になってからどんどん友達を増やしていく人というのは、
上司だろうと同僚だろうと、仕事で知り合った人であろうと、
何かしらのパーティーや会合で知り合った人であろうと、
ガンガン友達という意識を持って人と接していきます。

 

友達を作るという意識を常に持って
人と接しているわけです。

 

そうすると、相手も友達という視点を持って付き合ってくれるようになるので、
友達関係に発展していきやすいのです。

 

 

だからこそ、社会人になっても、
むしろ社会人になって相手の人格を認められるようになるため、
学生の頃以上にうなぎ登りに友達を増やしていけるのです。

 

 

 

人と付き合う時に、友達という視点を持つこと、
友達を作るという意識を持つこと、
これが友達を作るためには重要なことなのです。

 

自分の接し方付き合い方、視点の持ち方を変えれば、
相手の反応も確実に変わっていきます。

 

どういう視点を持って人付き合いをしていくかは、
友達を作るためには絶対に欠かせないことなのです。

 

 



友達を作るための最適な教材

なぜ社会人になってからどんどん友達が増えたのか?


社会人になってから友達を増やすために必要なこと


社会人の友達の作り方

友達がいないのは、何もあなたが悪いわけでも、あなたに欠陥があるわけでもありません。
友達を作り、友達を増やし、友達関係を継続させていく方法を知らないだけなのです!

方法がわかれば、誰でも、いつからでも友達を作り増やしていくことはできます。
今友達がいないとしても、これから先友達を増やしていくことは誰でもできるのです。

その方法を私に教えてくれたのが、コレでした。

社会人の友達の作り方


コミュニケーション力を上達させる会話教材

人に好かれる会話術


みんながあなたに惚れる会話をする方法とは?


人に好かれる会話術

会話のやり方を覚えると、面白いくらいに人生が変わります。
友達を作れることはもちろん、恋愛も仕事も、面白いくらいに好転していきます。

なぜなら、人間関係の基本はコミュニケーションだから。
そして、コミュニケーションの大部分が会話で出来ているからです。


人の心を鷲掴みにし、惚れさせるための会話のやり方には法則があります。
その法則を教えてくれるのが、この「人に好かれる会話術」です。

人に好かれる会話術